· 

店長の起業日記 その11

トイプードル 看板犬

こんばんは(^^)/

ご訪問ありがとうございます。

 

年末年始はそれなりにのんびり、それなりに慌ただしく過ごし

いったいいつまでがお正月休みだったのか分からなくなってしましました(;'∀')

 

日常に戻っていくのと同時に、この日記も本筋に戻しましょうw

 

「スタイリストになりたい!」と思い服飾の学校に入学した店長でしたが、入学して初めて決定的な自分の苦手に気付いてしまいました。

それは(お裁縫)。。。なかなか致命的ですね(´;ω;`)

 

ビジネスコースとは言え一応は洋服を作る授業があり、在学中に何着かお洋服を作りました。

できるだけ凝っていないデザインの服を選んで作ったはずなのに、

 

・ベルト部分の長さが足りずホックが止められないスカート

・両袖とも左腕の型紙で作ってしまったジャケット

・隣席の身長170cmの子の型紙で裏地を取ってしまったコート(店長は身長157cm)

 

とポンコツ服を量産してしまいました"(-""-)"

もちろん真剣に作った結果の真剣な間違いです。

 

同じクラスに派手な感じの休みがち遅刻がちな女の子がいたのですが、彼女に(やり直し手伝ってあげようか?)と言われたときはちょっと落ち込みました。。。

 

ここで名誉挽回させていただくと、もちろん得意な授業もありました。

それは(スタイル画)☆いわゆるデザイン画の授業ですね。

最近は全く描かなくなりましたが、小さい頃から絵を描くのは好きでした。

 

そして全コース合同のイベント授業で習った(ウィンドウディスプレイ)。

これが本当に楽しくて、イベント授業にも関わらずちょっと前のめり気味に受けていました。

 

そしてこれが花屋につながる入り口となったのだから、人生わからないもんですねー

 

そのお話はまた後日('ω')ノその12に続きますYO!