· 

店長の起業日記 その18

花屋 看板犬

こんばんは!

ご訪問ありがとうございます(*'▽')

 

何事も初心に戻ることは大切です。

しかし、初心者の頃の失態は思い出したくないものばかり(ノωノ)。。。

 

考えてみたら飲食店以外のお店でアルバイトをしたことがなかった店長。

お客様からオーダーを取って、厨房に通して出来上がった料理を運ぶ以外のお仕事の要領は全くわかりません(-_-;)

 

お花屋さんのお仕事はもちろん、お客様から依頼された花束を作って渡すだけではありません。

(地方の実家へ母の日のプレゼントを送りたい)(葬儀会場へお供えの花を届けたい)(〇〇という種類の土が欲しい)(この花はどうやって育てるの?)(お見舞いにこの花は持って行っていいの?)(〇〇の花言葉って?)

何を聞かれても(えーっと。。ちょっとお待ちください。。)

しか答えられません(/_;)

 

お届けの伝票を書いてもらうという単純なお仕事も、台紙を敷き忘れて何枚も複写されてしまったり、

配達を受けられない地域の配達を引き受けてしまったり、思いつく限りの失敗はしたと思います(;´д`)トホホ

 

そんな中やってきた超超繁忙期!の母の日。

正直申しまして、当日の事はあまり記憶がありません。たぶんすごくテンパっていたと思います。

しかも母の日だからと言って、他の注文が無いかと言うとそんな訳はないワケで...

 

今となっては経験なしの新人バイトがそれほど役に立つはずがない事はわかります。

そして経験がない中でも、どのような振る舞いをすればいいのか。

大人になった今ではもちろん経験値として持っています。

 

しかし20歳の若(ばか?)者にはテンパることしかできませんでした(´;ω;`)ウゥゥ

あぁ思い出したくない(泣)しかし忘れたいほど恥ずかしい気持ちって、すごく覚えているもんです。

 

その恥ずかしさを胸に、店長はこれからもせっせとお花を作ります🌸