· 

店長の起業日記 その21

ワークショップ リース

おはようございます♪

ご訪問ありがとうございます('◇')ゞ

 

朝活継続中!出勤時の皆さんの目覚ましブログになれればいいなーと言う目論みですが、いつまで続くことやら(^-^;

 

前回の日記で運命の募集広告と出会い、早速 履歴書を手に面接に走った店長。

面接会場の結婚式場の1部屋には、面接官のおじ様と年上の女性、面接を受けにきた女の子がズラッと。。。

 

「よく分かんないけど皆ちゃんとしてる💦」全員が優秀な経験者に見えて早くも弱気。。。

 

たしか社員の採用枠は1名だったと思います。

「うーん...こりゃ難しいかな...」

 

その頃はまだ結婚をした友人もいなかったので、式場という華やかなロケーションが夢のようでしたが、面接当日が最初で最後になっちゃうのか(´;ω;`)ウゥゥ残念。

 

と、勝手に落ちた気持ちで帰路につきましたが、なんと数日後に採用の電話を頂きました\(^o^)/

しかし、それは社員採用ではなく(アルバイトでよければ)という条件つき。

そりゃー社員で採用されたかったけど、もはやどうでも良いわ!ここで働けるのなら社員だろうがバイトだろうが!!

 

面接で何をしゃべったかは全く覚えておりませんが、店長の人生最大のファインプレーでした☆

 

後で聞いた話では、社員として採用された当時19歳の同僚は声優の夢を諦めてお花の道へ。

会社としては長く働ける若い子を探していたものの、入れ替わりの激しいお花業界で「万一、すぐに辞めてしまった時の為に」

という保険採用だったみたいです(笑)

 

ま、結果オーライですね!

見切り発車でブライダル業界に飛び込んだのは、店長の人生の中で最大の英断だったかもしれません。

今の店長のお花の知識と技術は、ほぼ全てこの会社で教わったといっても過言ではないと思います。

 

次回からお花屋さんとしての第二章!!まだまだ山あり谷ありでっせ('ω')ノ